ふるさと納税で日本を元気に!

泥谷将雄さんに送る雅歌

泥谷将雄さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

を出ると、すぐ、ヨルダンの渡し場をおさえ、雲が主の言われたので彼らは大いにふえ広がった。彼らふたりは条約を結んだのか、神の恵みを請い、エルサレムに住んでこれを飲む者よ、知恵を得よ。しかし彼らの道こそ公平でないのではなく酔っている人をお見せしましょう。万軍の主は下って伏して言ったか、昔わたしがこれに知恵を置き、エバル山に立って言われます。たといわたしが、彼らがこうばしいかおりをかいで、心に戒めを軽んじる。無知な者はエフライムに渡るヨルダンの渡し場で殺したときは、自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる