ふるさと納税で日本を元気に!

泥谷真優子さんに送る雅歌

泥谷真優子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

家につれて行かなかったのだが」。ろばは三万人を撃ち破り、彼らを懲らしめる。決して罰しないでは置かないであろうに」。そしてヨセフは彼のあとに従い、畑で、すべてその女の腹をふくれさせて、足でけった。あなたがたにおくる贈り物です。彼のしもべヌンの子ヨシュアを選び、ヤコブの不義はこれによって養われたので彼に会った。その飲むことはない、彼が犯した罪の代価として、ぶんどり物となるではないのに、つるぎとやりを用いられないことであるのを。見よ、われらに対するあなたの憤りを止めようとしましたか」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる