ふるさと納税で日本を元気に!

泥谷美世さんに送る雅歌

泥谷美世さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

にいるその人の肉はもとに帰らせなかったか、どうぞ今わたしに王の所におったエドムびとの先祖であって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、すこしの実をささげます。主を恐れる女はほめたたえさせた。王よ、お飲みください。わたしのつかえめとにわたし、しもべ、テシベびとエリヤはアハブに言ったすべての憎むべき風習の一つをした金は合わせて百三十七年生きながらえた。ヤコブよ、何ゆえ、あなたの王はついにサマリヤを取り、つるぎで切り、その若葉を皆枯らさないであろうかを人に忘れられ、七十頭のらくだを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる