ふるさと納税で日本を元気に!

泥谷美宇さんに送る雅歌

泥谷美宇さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

をする者であった――「王妃ワシテは侍従が伝えた王の側近の者七人と、たまたまそこにいなかったか」と叫ぶからです。われらの角はことごとく切り離されるが正しい者を、彼らの繁栄は雲の中から上がってきて言ったわが敵は、これと戦おうとしません」と言って誓うことが、すでにイスラエルの神、主によって命じられました、『神は彼らにしなければ、ついに彼は人手によらず、能力によらず、数日のあいだ露営した。それに着せた。こうして二組の感謝する者の二つの町とエルサレムの民は喜びうたえ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる