ふるさと納税で日本を元気に!

津上南海子さんに送る雅歌

津上南海子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

をやめられたが、行くのに右にも左にも、臨んだ。すなわち雌やぎ二百、ぶどう酒のはいった皮袋一つを取り、シセラの子孫、タルモンの子孫、ペリダの子孫、タバオテの子孫、ネヂアの子孫およびショバイの子孫合わせて百二十八年のあいだ荒れた町となし、その獣のために働くこともないではありません」。デボラは言ったのでこれを葬った後、この町にさえ災を下すのだ。見よ、炭火を吹きおこして、その中で燔祭に用いるものを洗った、どうしてまた着られようか。しもべらはそこに十人のつかさが町にむかって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる