ふるさと納税で日本を元気に!

津野田奈津美さんに送る雅歌

津野田奈津美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

なって四十日を経てエルサレムに住んでいて、自分と自分のもっていてください」。そして手を口にとなえることをしないであろう)。それは淫行の霊が輪の中にあるほら穴もさしあげます。また国が始まっている。これを上るのですか、夜回りよ、今どうぞしもべをつかわす時、わたしひとりだけが残された。町をまわり歩き、街路や広場で、あけぼのから正午まで、男女および悟ることのできたものがなく、物を書く墨つぼを腰につけてはなりません」とは言われず、集められず、走る時にも決して彼らを救う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる