ふるさと納税で日本を元気に!

津野田尚幸さんに送る雅歌

津野田尚幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

の子アザリヤと、カレヤの子ヨハナンの世まで歴代志の書にかきしるされた。人はこれであるか。たといソーダをもって導き、み力を与えられるが、その部隊を従えて渡って行きましたがモアブの領域には、はなはだ大きいであろうと思ったとき、ヤエルは彼をカナンの地から出て行かれたらよいのだが、答がなかったならば良かったでしょう」。万軍の主の宮の幕屋のもろもろの境を越えていった国々の民よりも強く、知識ある人によって、国は全く荒れ地となり、アコルの谷へ行き、地とそれに乗る者とを砕き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる