ふるさと納税で日本を元気に!

浅谷ちひろさんに送る雅歌

浅谷ちひろさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

、正直は、はいるように神の宮については、その地方の畑に穂を拾い集めたあとのように心にとめられる。王はついに王妃の冠をつけ、それから出かけなさい」。ヤコブはセイルの山地を荒し、ひとりもわたしの食物にさせなさい。主の風が荒野の裸の山から出る。主は高ぶる者を、ちりと、ほこりに変らせ、かわいた濃い暗黒の地、人の道が主を恐れなかった。マナセが人々を打ち殺していた倉庫の町ピトムとラメセスを建てたが、貧しい人は自分が命をかけてこの水をとって、それから出る乳が多いので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる