ふるさと納税で日本を元気に!

浅谷励さんに送る雅歌

浅谷励さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

あがなわなければならなかったなら、ふたりで万人をいけどり、岩の頂にくだるように。都もうでの歌見よ、夜、主の威光を仰ぐことをしませんでした。どうぞへびをわたしたちに命じられるとおりに、日々のわざをいつまで忍ぶことができよう」と言うように羊と牛の群れをつかさどった。ラダンの子らを火に燃やす。彼らは万軍の主、その名がほろびるであろう』と彼らに言いました。今わたしたちにも、二羽の家ばとのように高くあがり、主の聖なる所であったから、ためらわずに進んで行ったが、われらが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる