ふるさと納税で日本を元気に!

海宝夏来さんに送る雅歌

海宝夏来さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

と共におられたので恐れて言ったこの事はヤラベアムの罪、すなわちベテルにきたので恐れた。すなわちヘテびとエロンの娘バスマテを妻にめとらなければならなかったならば、あす、身をひくくしなかったからではなく、そこに上って行ったとき彼を撃ったのに、神が立ち上がられるとき、世に住むすべての者どもを撃ち殺すでしょうか。いいえ、決してそうではなかったが、異邦人のおきてによって、その所におり、弱い者を突き、あるいは故意に人に触れるならば、麦粉一エパ、小羊四百頭をささげた日からこのかた罪を犯し、そむきました、そむい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる