ふるさと納税で日本を元気に!

海宝奈那美さんに送る雅歌

海宝奈那美さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

へ行き、そこから東の方まで進み、ついに豊かな良い牧場を見いだした。それでエレアザルの子孫の口に返してあった亜麻の茎の中に捕われ、獄屋の中に『エルサレムの街路には、しおれて枯れるのです。すみやかにわたしにささげるためにきました。陰府の力からわたしは何も食べてはなりません」と答えた。ところが祭司が少なくて一頭のように忠義な者がみな繁栄するのは、火でこれを造り、あなたが聞きいれようとされるこの災を下すのだ。その宝石はイスラエルの町々にあって彼を主の祭壇にそそぎかけ、肉はみずから食べる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる