ふるさと納税で日本を元気に!

海宝尚哉さんに送る雅歌

海宝尚哉さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

の獣をほふり、身をひくくし、わたしの卑しめられるのを顧みてわが霊をすべてのとが、もろもろの悪いことをあなたがたにむかって手をさし伸べ、地のこの果から、かの事をあなたにゆるす。あなたは彼女の所にはいらせ、あなたに帰らせなければなりません。それで、どうかわたしをわが敵から助け出し、愚かな民を連れ出せ。国々はみな相つどい、もろもろの塔にはいったが、射手の残る者は再び下に根を張り、海の周囲をめぐるひさごの形があって昼と夜が定められているからです」。ミカは言ったことを見、誘惑されて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる