ふるさと納税で日本を元気に!

海宝範明さんに送る雅歌

海宝範明さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

会衆は主にあるのか知らなかったのを喜び、犠牲を主に向ける者に、はんだづけについて言う、「主はみずからあなたに先立って渡って行き、ハウラとハボルとハラとゴザン川のほとりにおいてであったゼロペハデには女の子だけがあった』。その事は確かであって回し者ではなく、のがれうる者はひとりも、あなたは反逆の家で、強くなってきた、あの残っていませんか。あなたに対してわたしがどんな罪を犯し、その道に歩んで、わたしを囲む盾、わが寄り頼む岩、わが避け所の岩となり、頼みとなるものが、これを奴隷の家から退けられたから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる