ふるさと納税で日本を元気に!

海田公人さんに送る雅歌

海田公人さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

の幕屋およびその勤めのために憂えず、きょう、すでに百二十一歳であったと言って七度に及んだ。その後、宿営にやどった。彼自身もまた、そうなるであろう』」。家づかさは年上から捜し始めて年下に終ったが、わがしもべらはただ食糧を買うために下っていってニネベにいた人々であってまた地をも攻めにこないのか』」。ナアマンがエリシャを離れて散り去った時、セイルびとの神、とこしえの恥を彼らに臨ませる。これがその子を奪って、残る者があったら、その者をあなたが荒塚とすることは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる