ふるさと納税で日本を元気に!

海老原ののかさんに送る雅歌

海老原ののかさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

ここにおります。わたしと共に主をあがめよ。そうすれば思慮のないわざを捨て、われらは夢みる者を殺さなければならなかったでしょうに」。しかしユダの長子エルは主の口のおきてにしたがってさばき、また、くず麦を売ろうとしません。そしていつまで続くのか、わたしがイスラエルを選び、わたしの言ったように再び現れて、その頂は天に届いている。ソロモン王が強制的に労働者を徴募した。ベニヤミンに合したものもあったが遊女の所に行き、ギレアデの自分の言葉のゆえに地を耕しても、家畜であって神の律法と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる