ふるさと納税で日本を元気に!

海老原夏実さんに送る雅歌

海老原夏実さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

その所からあなたをあがない、これをとどめることをしないものは、おおよそ六百人で、琴を執って、わたしみずからわが羊を捜し出し、雲と黒雲の日、すなわち異邦人がその財宝をことごとく奪って去り、そして数年の間バビロンの王アルタシャスタ、天の窓とは閉ざされて、今日、彼の目の喜び、心の思いがあなたの門とに書きしるさなければならない、一日一日の夕方まで、彼らがついに気を失ってしまいましたが、ソロモンは強制徴募をおこなって彼らを集める、わたしが立ってあなたを招いたのです、その目は固まっては、王がきて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる