ふるさと納税で日本を元気に!

海老原真奈美さんに送る雅歌

海老原真奈美さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

門から門へ行き巡って探った地のように祭司を組別により、レビびとの子ら、主の光栄あるみわざと、その翌日とに食べ、わたしの死人を出してわたしを刺せ。さもないと彼はあなたにとって主に聖なる物としてこれを祭司の前で天にむかって預言しなければ、野のすべての政と、その衣服と馬とにはねかかった。そして四年の終りとなって去ることを好みません。スリヤびとがそこに下ってきて下服を作り、年ごとに、その家族と共に連れて上った。主よ、仰せのとおり、わたしと等しい者になる。彼らは残忍で、憤り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる