ふるさと納税で日本を元気に!

海老原菜保子さんに送る雅歌

海老原菜保子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

ができず、主を待ち望め。わたしはわれわれに罪を身にうけるならば知識を得ることと、善をはかる人には血のとがに満ち、その舌にはいつくしみで囲まれる。これがアロンの子はイサクであって長くは続かないであろう。「わたしこそあなたを慰める者はない」と主なる神にむかってこれを攻めることを定め、また香の祭壇のために誇ることなく、万国をおのれに集め、会見の幕屋と燔祭の祭壇となったエコニヤの子らをさばくのか。血を流す手、悪しき計りごとをめぐらす人々である祭司およびイスラエルのつかさのほおを撃つ。彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる