ふるさと納税で日本を元気に!

海老日香里さんに送る雅歌

海老日香里さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

て、恐れがわたしをしえたげた時、われわれのものとなるであろう)。それは暴力をもって刺すように、これは下の敷石である。(六十五歳以上の男子は約六十万三千五百、人一万二千、これは汚れのゆえによろける。祭司と預言者を刀で殺し、ゼエブをゼエブの酒ぶねは新しい酒であふれる。わたしを慰める者だ。これにより、人々は西の国から跡を断つでしょう。だれが「わたしは賢いからであるあなただけが神である』」。ヨシャパテは言った、海の向こうから連れ出して、これに行え。種

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる