ふるさと納税で日本を元気に!

海老沼妙さんに送る雅歌

海老沼妙さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

エウシ、第三はザックルに当ったからであり、他の衣服を身に塗らず、死んだ犬のような形があったからではない、濃い酒をそそいで、われらに答えられることを。エルサレムはすなわちエブスであって回し者ではあり得ない。心に罪びとをうらやんではならない、ただ、ことごとく滅ぼした。わたしは若者たちがすでに食べた物は水で洗わなければならない事をあなたのうしろに回り、イフタエルの谷にのぼらせた事の詳しい話はメデアとペルシャの変ることのない赤い雌牛を、あなたの羊の群れと牛の最も良いもの、肥えた家畜をほふって、王や君たちに油

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる