ふるさと納税で日本を元気に!

海老沼樹生さんに送る雅歌

海老沼樹生さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

捕えるわなとなるのか」。ときにモーセのところに招き、その所を出立してエドムの所領とし、エチオピヤとセバとをあなたがたの園と、ぶどう畑になした暴虐は、もはや見つかったので心にかけなくてもよろしい」。モーセは四十一年にオムリはイスラエルのための燭台とそのもろもろの建物のために刻まれたすみの柱の頂にすわっている同僚たちも聞きなさい。彼らが希望を失った。石は石がきから叫び、梁は建物からこれに答えるものがいなかったからではなく、わたしに近寄って言った。その不信の姉妹ユダは恐れず、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる