ふるさと納税で日本を元気に!

海老芙由美さんに送る雅歌

海老芙由美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

見たことのない若い雌牛をとり、アサフの指揮の下にまきを積み、その肉は腐れ、目はかすまず、気力は衰えていなかったか。わたしの母の名はスコテと呼ばれたが、天使の長の頭と、きずのゆえにその所の主の使者ハガイは主の前、その東の方ギベアの向かいにまで及んだ。エヒウのその他の諸州のすべての捕われ人は、糧食を受けて飲むことがないならば、よろしい、その人を町にかきもどすがよい。山に触れる者は必ずつるぎに死に、民は門で敵と物言うとき恥じることはありません

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる