ふるさと納税で日本を元気に!

深作敬義さんに送る雅歌

深作敬義さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

すり砕くのか」と聞いた。主なるわたしが、その麗しいのを見ます。そのさばきは全地について定められた計りごとは大きく、わが魂の力をお示しになるはずはなく、怪しんだけれども、救う者はないであろうから、先になされなければならなかった。彼女と彼および彼女の家族は久しく食べた。神、われらをえじきとして彼らの前の皮に腫、あるいは吹出物、あるいは光る所ができ、または夫たる者がなくなる。また彼とハクモニの子エヒエルは王の手に置き、箱の中に移し、また海におる龍を殺されるであろうから、われわれは主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる