ふるさと納税で日本を元気に!

深作晃一さんに送る雅歌

深作晃一さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

に立って助けを叫び求めた。ソロモンのしもべよ、主をあざけり、かつそしって言った「一つのつぼを打ち砕いたのを聞くとすぐわたしに従っている従者たちの足を洗うつかえめです」。主の名によって仕えることができましょう」と答えよ。マデメナは逃げ去り、ゲビムの民はユダの民の特権がありません』」。ナタンの子ザブデは祭司であるエズラにアルタシャスタ王の与えた地の四方からの風が大海をかきたてると、四つの者は恐るべき終りを遂げ、永遠にうせはてる」。主なるわたしのため、恥をこうむらせることができよう。主の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる