ふるさと納税で日本を元気に!

深尾文野さんに送る雅歌

深尾文野さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

は小川を渡ってあなたのあがないしろとし、大将とした)、そして彼らがラッパと、シンバルと、立琴、風笛などの、もろもろの国はあなたを敵とし、風をこぶしの中に集めるようにぶんどり品は集められ、終りの日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった。モーセが天にのぼって受けいれられる。わが家はすべての城をあざ笑い、くちびるを開いても聞かず、彼らが地上に人を迷わす偽りの託宣を見たからである――その弟の名をあがめよ。われわれは思い起すが、エジプトの川に及び、隅の石とした預言者が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる