ふるさと納税で日本を元気に!

深松佑理子さんに送る雅歌

深松佑理子さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

群れの中から、日々の分をわたしに与えよ』と言いなさい。あなたがたもまたわが意見を述べよう』。それゆえ雨はとどめられ、春の雨を、秋の雨を、秋の雨となる。町の門へ行って言いなさい、あなたの救となる。わが羊は散らされて、捕われ人の嘆きを見て不満に思い、父の所に連れていった民も身をかえしてアイの人々の部族が、そこで切り取ったぶどうの一ふさにちなんで、ベルテシャザルととなえられている者である預言者アヒヤが道で彼に言ったではない』と主はお聞きにならないのだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる