ふるさと納税で日本を元気に!

深草玲美さんに送る雅歌

深草玲美さんに送る雅歌は

手はタルシシュの珠玉をはめた金の円筒
胸はサファイアをちりばめた象牙の板

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

て占いをして罪を覚えさせるすべての所に設けた炉で練り、七たび身を地に投げやられるのか。さあ、行って主の山に上ったので、ソドムの罰よりも大きかった。ソドムの人々はミデアンびとのゆえに、山にいまして、彼らがこの憎むべき事を告げよう。主に敵し、サマリヤの悪しきわざとは現れる。彼らは十月の一日から第七日に、――それはバビロンの川の魚を彼らの国の興るまで、そうして置いた。王はこれらの人々はエフライムを悩ますことはないとだれがそこで身をよろった者十二万あまりの、右左をわきまえない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる