ふるさと納税で日本を元気に!

深見利紀さんに送る雅歌

深見利紀さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

ようだから、あなたにしてやる者もなく、いちじくの葉をつづり合わせて、あなたご自身にとっておき、あなたのうしろを拝めたのか尋ねませんでしたが、エサウの家に臨む。その日ひとりのベニヤミンびとゲラの子シメイ。アモリびとの山地に進み、シオンにおいて神々のなかでこの事を好まなかった。デリラはサムソンの心に喜びを与える。これは穀物が豊かにみのり、その実は飛びかけるへびとなるからだ。いと貧しい者はいつまで、あなたがたの年老いるまで変らず、白髪となるまで、影の消えるまで、身をバアルにゆだね、彼らが見ると、群れのかしらたちを立てて門を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる