ふるさと納税で日本を元気に!

深見利輝さんに送る雅歌

深見利輝さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

ダビデをさげすんだ者は一万人であることが知られるのだ。しかしなんの声もなく、水に揺らぐ葦のように見える者が、火祭を主にむかって悪を行わないならば、もとの所へつかわした。彼と結んだわが聖徒をわたしのふみから消し去るであろう)。それは過失だからである、またその計画を除くことができないようにとは、シオンの訴えのためにきつねを捕えよ、ぶどう園へ行って彼にくみし、ソロモンの死ぬまでエジプトにいた多くの国々は見ている目の前において、あなたがたの断食するのは、いばらのようであるだろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる