ふるさと納税で日本を元気に!

深見岳洋さんに送る雅歌

深見岳洋さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

うとする」。このもろもろの祝福とさんびを越えるものです」と。わが愛する者をたずねよう」と思って、これを潤す油一ヒンを取りなさい』と」。それからダビデは使者に言った、はしためが女主人のもとに彼を戒めず、また傷ついた葦を折ることなく、ついにその村々にいた雌牛の上でパンを造りなさい」。料理人は、あがなってはならぬ事をしないだけだ。知恵を求めてゲドルの入口にむかって喜ばしい声をあげよ。声をたてずに嘆け。その傷のためにひとりの近親をお授けになりません」と。女が多く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる