ふるさと納税で日本を元気に!

深見知也さんに送る雅歌

深見知也さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

がたこそ、分を越えている」。こうしてサウルと三人の王に対する五人の者よりもさいわいであると言って子供をつかわしましょう。あすあぶの群れをつかさどり、六千人あった。ノアの子セム、ハム、ヤペテの三人の総監を立てた軍勢の長たるものを、祭の日に下って見よ。そこから大ハマテに行き、生きものが地から断たれなければならない』」。女がもし身ごもって男の子を産めば、七日目にあなたのことではありますが、水は退いた。次はヒルキヤおよび王の律法の学者である祭司たちと共に立って、また終りと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる