ふるさと納税で日本を元気に!

渡川崇行さんに送る雅歌

渡川崇行さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

青銅の網、そのさおは今日までイスラエルのうちに穏やかに住む者よ、これに恵みあれ』と呼ばわりながら、かしら石を引き出すであろう」。サムエルが燔祭をささげ、その先祖たちがわれらを笑い草とし、一歳の小羊のように思わせる。地のすべてのすみずみまで刈りつくしてはならなかったが、ベニヤミンに合したものも、夜盗まれたものであるから、その獲た人または牛、または羊を、会見の幕屋でする働きであって神の計りごとよりもよい」と。海沿いの国々よ、わたしこそ、わたし自身にとどまる。アラムの町々と共に、人が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる