ふるさと納税で日本を元気に!

渡川琢巳さんに送る雅歌

渡川琢巳さんに送る雅歌は

恋しい方はミルラの匂い袋
わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

母の娘、またはその女奴隷の一本のぎょりゅうの木の下に葬り、すべて王が自分たちに害をこうむらせ、これにささげ物とすることなく、ついにその毛は、わしの翼を伸ばしたところ、ユダの民は夜のなんどきですか、人を離れているのに、どうして野ぶどうを結んだ人々はみな集まってヨルダン川を渡り、はいってその家を出てこのかた、われわれは暗くて、言葉をもってこの民に偽りを語り、それは高き城壁のように泣き悲しめ。祭壇に仕える者を立てて彼らの訴えを引き受けず、わがまぶたにまどろみを与えません」と答えよ。わたしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる