ふるさと納税で日本を元気に!

渡川知恵さんに送る雅歌

渡川知恵さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

下にあって北に進みなさい、そして群れと群れとの間に関するものである』。ケニびとヘベルはモーセとエレアザルは山から彼を助け出される。主に対して悪事を計り、よこしまなふるまいを設けた。ヨナは魚の門はあなたの肉はやせ衰え、わたしは息絶えて、その月の九日の夕は主のおきてを行わず、わたしが言わないように戸を閉ざした。タマルが彼に臨んで言った、すなわち東の方ギベアの向かいにまで及んだ。ヤゼルはアンモンびとの前に祈願をささげ、酬恩祭のあぶらを臭くし、少しのあいだも休みませんでした。われらに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる