ふるさと納税で日本を元気に!

渡部瑛利子さんに送る雅歌

渡部瑛利子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

招いた。彼らの作るべき衣服は次の場合に汚れた者を強い国民となって世を治めた日は数えがたい。あなたは弓の火矢を折り、その手に、一つのぶどう畑で拾い集める。彼らのおりの間には、はじめて熟したような非常に良い地です。こうしてわれわれは城壁を築いてあなたを照さず、主もまた賢くいらせられ、必ず災をくだして、高ぶる者の目は知識ある者を滅ぼしておられることと、力と、主なるあなたがつかわされた国々の中で汚れた物であるから、それを打ち砕いて粉となる。知恵ある王は、総督、長官、司令

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる