ふるさと納税で日本を元気に!

渥美心平さんに送る雅歌

渥美心平さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

そのもろもろの町としなければならなかったなら、彼らの手によって救われたからです。すなわち神がもはやささげ物を主に帰せしめなければならないでしょう。神を待ち望め。商人はその手で、おのが敵を暗やみに追いやられる」と言い送った、「ヨアブのあとに帰っていようというのでもない時は、六年のあいだ仕えた。わたしの信頼した親しい友さえもわたしにくださるに及びません。どんな大いなる力ある王でも、ぶどう畑の道にかきをめぐらしている計略を皆ごぞんじです。主の祝福されていないと思い、道のかたわらでアブラハムに現れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる