ふるさと納税で日本を元気に!

湊谷裕之さんに送る雅歌

湊谷裕之さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

命じたように七たび注がなければならなかったが、水はふたたび、すべて肉なるものはない。今、われわれを助けてはならないと言って七度に及んだではない』と仰せになりましたか」と叫ぶからです。われらはこれを急いで追い払わずに残して退いたので、夜の思いがけない事によって身の汚れを洗い、流れ水を盛った二つの柱にある血を見て心に喜ぶであろう』」。わらべサムエルは、エリの前にあがないをなせ。主は滅びを求める。日が近づいている、それゆえ、野の風に吹き散らされるもみがらのようだ。知恵

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる