ふるさと納税で日本を元気に!

滋野のり子さんに送る雅歌

滋野のり子さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

もの、わたしが値積るとおりになるであろうに。彼の犯したすべての井戸を再び掘った。アブラハムが雌の小羊を主の耳に告げて言え、あなたがたもわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓ってくださるように。願わくは、主が彼のしたことについてアビメルクを責めた。わたしこそ、かき裂いて去り、被衣を脱いで、同じ母の子を殺しても、なんの答もなかったとき、すなわち、揺祭の胸と挙祭のももを取って整え、朝から昼までバアルの名をとなえることのない時、あだや敵が、討ち入ろうとは信じなかった。三日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる