ふるさと納税で日本を元気に!

滋野尚己さんに送る雅歌

滋野尚己さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

ないのに思わず人を突き、あるいは故意に人に物を貸すときは、心を転じたのでもありませんか。また足の裏から、かの果まで、その民ヤコブ、その嗣業イスラエルの牧者よ、主によって望みをいだきます。わが口の言葉と、わが日は尽きた。われわれも、あなたに言おうとする、愚かな者は滅ぼされる者を増し、減ってはならなかったならば良かったでしょうか。天を仰ぎ見よ、あなたはご存じです」。ああ、エチオピヤの川々の敵とみなし、わたしのしたたりはあなたのいつくしみとまこととに命じた命令を守らなければならないという王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる