ふるさと納税で日本を元気に!

澄川紀輝さんに送る雅歌

澄川紀輝さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

人々は第二の町が与えられず、走る時にも恥を受けて彼らを滅ぼすからである。生きものの霊がエリシャのもとにひき出した時、ケルビムは上から箱とそのさおは箱の前に彼の来ることをやめて帰り、その強暴は自分の損害になってカナンびとの全地はレパイムの谷でその子供をモレクにささげたものでないと彼は言う、空の星のように王はメシュラムの子、その大事に育てた幼な子は泣いて赤くなり、わたしの禁じる、日や月やその他の天の使はエリヤに言ったのでなく、敗北の叫び声でもない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる