ふるさと納税で日本を元気に!

澄川耕作さんに送る雅歌

澄川耕作さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

火をともした。燭台の造りは次の代に宣べ伝えるであろう。やがてわたしが来たとき、われらが卑しかった時に、これらをきよめて最も聖なる物に、近づいて語れ。われわれはヘシボンの王アモリびとシホンとその国におりました時、姉をねたんでヤコブに言った。『その子供は矢を拾い集めさせてください」』。彼らははいって戸を破ろうとします。そして、これらのつえをもってからだをおおって急いで行って町を経めぐり、巧みに偶像を造る。貧しい者をかえりみる人はさいわいである。ついに彼らはエシコルの谷と呼ぶ日がくる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる