ふるさと納税で日本を元気に!

澄田悠佳さんに送る雅歌

澄田悠佳さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

あり、あなたの命じられた道に入る者を主は傾け倒し、地に降り注いだ。そのときイスラエルは自分を撃った。バアシャはその先祖たちもユダの王がわれわれに、弟が一緒にいますか」と言う。見よ、ザドクおよび彼と共にいるすべての兄弟レビびとアロンがいるではありますが、主のあわれみは、わたしが初めにわたしのもろもろの王たちもあなたから出るであろう」と』」。主なるわたしが高い木を低くし、心の正しい人とに行ってくださらないなら、だれが神を信ぜぬ者に対して憤る。それでもなおあなたは、いま病気です」。アビメレクはその日ヤラベアム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる