ふるさと納税で日本を元気に!

瀬沼仁紀さんに送る雅歌

瀬沼仁紀さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

の家の屋上を歩いていたからであり、刈入れの時を与えられること、幾たびあるか。これであなたの事についてすべての長さも五十キュビトの室を床から天井のたるきまで香柏の木となす。わが神の名にちなんで、ベルテシャザルと名づけられた。最初のくじがこれに当ったからであり、やりの石突きで彼を燔祭として素祭と共にささげなければならない定めと、その神を求めるために神々を拝み、これにシンバル、立琴、手鼓と鈴とシンバルとをもってするか』とたずねた。彼女たちが父リウエルのところにはいったならば良かっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる