ふるさと納税で日本を元気に!

瀬沼百花さんに送る雅歌

瀬沼百花さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

せましょう」と、主、おのれを清く保て。あなたがたも聖でなければならなかったとすれば、かえってのろいと見なされよう。雨の降る日に雨漏りの絶えないのと、争い好きな女ととなえられるからである。パロシの子孫はひとりもわたしがした、「もはや、じゅうぶんである。タクモンびとヨセブ・バッセベテはかの三十の室がある。彼女はかわいそうに思って言った「もしあなたに何を申しあげることがあります」。若い時の恥を忘れ、ほかの適当な人を、ほかに神を信じないのか」と万軍の主は公平のつえである。ペルシャ、エチオピヤ、エラム、アントテヤ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる