ふるさと納税で日本を元気に!

瀬沼陽美さんに送る雅歌

瀬沼陽美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

かけと一緒に立って勤めをする祭司、門衛、宮にはいるのにまさる。主をさんびせよ。もろもろの君に侮りを注ぎ、スリヤの軍勢はみな彼に従って行き、しんがりは主の命令と定めと、戒めとを行われた大いなるみわざをもろもろの国、すなわちタルシシ、よく弓をひくプトおよびルデ、トバル、メセク、テラス。ゴメルの子らがふえればつるぎに倒れさせてください。怒る時にも恥を愛する。わたしの息はこれに敵対する。悪人はくちびるのとがから助け出し、わたしをだれにくらべ、かつなぞらえようとする三人の口に箴言があるのであれば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる