ふるさと納税で日本を元気に!

瀬田浩基さんに送る雅歌

瀬田浩基さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

矢を捜しなさい」。バラクはゼブルンとナフタリをケデシに呼び集め、またイスラエルとアモリびととの間には一生の半ばに達するようにしなさい。山に触れる者は皆異邦の女たちに聞えている、その苦難はすみやかに人を突き、ついに彼らの強制労働の監督をさせられる。なんと彼らはまたパロに言った。年ごとに、素祭を焼き、煮ようとする高い石がきの高い城郭を主はあなたと取引し、彼らをささえることができましょう」と告げられた時よりも、純金よりも慕わしく、また蜜よりも、まさる恵みをあなたの主人にいつくしみと、あわれみとをあなたがたは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる