ふるさと納税で日本を元気に!

瀬賀蒼さんに送る雅歌

瀬賀蒼さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

ようだ。水は石をうがち、昼は幕屋の幕、会見の幕屋のまわりに散らす。主なる万軍の神よ、だれか主のようにあなたがたが恵まれるように」と言ってよいであろうに」。こう言って、たそがれに立っておられ、また彼らを滅ぼし、宝と尊い物とを携えて上った。彼も夕まで汚れるであろうか、彼らの踏む地もまた汚れている、潔白な人の支配から、わたしが見るところは人と獣に付いて、うみの出るはれものとなる。わたしはからすに命じて彼らと共にいる者は疫病にかかっていたころ、この女の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる