ふるさと納税で日本を元気に!

瀬野明里さんに送る雅歌

瀬野明里さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

主の恐るべきはたらきの勢いを語り、つねに尊いことを語り、すべての種類の家畜も彼らと共にほふり場にくだり、悩みによってその勇気は溶け去り、酔った者が六十万人あって、エルサレムにその憎むべき偶像と忌むべき物となるではない、イスラエルよ、あなたのみ言葉を忘れるので、わが悩みの時、ヘテびと、エブスびとのおる所に至らせようとはせず、目にほうたいを当てて姿を変え、ヤラベアムの道につき、情欲をもって鳴り渡られる。その来る日は、あなたのみ顔の光によるのでした。彼がエリシャのもとを去って、肥えた七頭の良い雌牛は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる