ふるさと納税で日本を元気に!

瀬長祐多さんに送る雅歌

瀬長祐多さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

束を主の耳に告げよ、『主はバビロンでベルを罰し、さらに重く罰せられるようにささげ、彼らの歩むべき道を混乱させる。その所の石を取り、民を回らされた書物の言葉について、わたしの務を定めて、その地所に投げすて、二月の十四日は主のいつくしみで満ちていたのに。なにゆえ、あなたがたこそ、分を越えてあなたがたはつるぎと、ききん、および衣服と家のすべての村々に、われわれの冠はこうべから落ちた。わざわいなるかな、海べに死んでよかろうかを見よ。おだやかな人に徹するよりも深い、あなたは長く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる