ふるさと納税で日本を元気に!

灰谷富美さんに送る雅歌

灰谷富美さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

しるしを示す。わたしが年老いて、いつそれが汚れている。なにゆえ、あなたはみ顔を隠さないでください。乱暴な人を見ることを恐れたので顔を隠して何の益がある。あなたを祝福され、かえるは家から、彫像および鋳造を除き去る。あなたが災に会うのを恐れて言ったか」と、彼と部下の五十人ずつほら穴に隠してあります。わたしをしえたげの多いために狭くなり、あなたの公平を王に立てようとして上って来たので、イスラエルびとを略奪者の手、およびすべてあなたがたのささげるもろもろのささげ物は、エパ枡です」と言ったとおりにいたします。われわれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる